川根煎茶の担い手と、土と圃場

2020年7月2日撮影


川根煎茶の圃場は、ここ8年農薬不使用。
大井川の氾濫や堆積による礫が混ざる砂地。砂地は香り高いお茶を育みます。


~川根煎茶のチャノキが根ざす地質※~
付加体
中生代後期白亜期 チューロニアン期~マーストリヒチアン期
岩相:混在岩
付加体区分:後期白亜期付加体

※圃場の位置を日本シームレス地質図にて確認したものです。


チャノキは土に根を張り土から伸びる。その土を見つめ守り育むのは担い手の手。

©2014 茶舎 觀壽