日本のお茶

茶舎観壽で取り扱う日本茶の産地です。


玉露

京都 宇治白川玉露

宇治市白川は、かの有名な宇治の平等院や縣神社から南にほんの少し登ったあたり。標高はさほど高くなく、200m弱。玉露に相応しい産地と煎茶に相応しい産地は同じではなく、土質や勾配といった自然条件も異なります。宇治白川は今や日本有数の、玉露の産地です。

産地:京都府宇治市白川上り谷
品種:さみどり

京都 宇治田原玉露

宇治田原は京都府南東部、滋賀県にもほど近い場所。約800年前に、宋から栄西がお茶を伝えた頃から続く、日本最古の茶産地のひとつです。 すぐ近くには、煎茶の創始者永谷宗円の生家もあるお茶どころ。なだらかな山並に挟まれた長細い平野部に家屋と茶園が混在し、人とお茶が共にあることを感じられる産地です。

産地:京都府綴喜郡宇治田原町立川
品種:さみどり・うじひかり

京都 丹の国玉露

丹の国は京都府の中北部、北側の丹後と南側の丹波の間に位置する福知山市、綾部市、舞鶴市の由良川流域一帯を指します。由良川は鮎の漁場でもある清流です。 京都といえば宇治が知られますが、こちらにも玉露、かぶせ茶、抹茶の原料である碾茶の産地が広がっています。

産地:京都府福知山市
品種:鳳春

静岡 本山玉露

本山は静岡県の安倍川や支流である藁科川流域の山間部を中心とする産地。茶園は清流藁科川沿いの道を少し外れて木立の中を緩やかに傾斜するワインディングを行くと広がる、 わずか十数軒の集落にあります。谷間のため自然に日が遮られ、一日の日照時間を年間で平均するとたった五時間程度、また霧にも恵まれた環境です。

産地:静岡県静岡市葵区西又 
品種:やぶきた

福岡奥八女星野 伝統本玉露

星野村は福岡県の南東部、日本で最も美しい村にも仲間入りした、星がきらめく村。なだらかに傾斜する地形を活かすため石積が組まれ茶園と棚田が隣合って築かれています。 茶園は蛍が飛び交う清流星野川の流域に点在し、寒暖の差が大きいため年間を通して朝霧に恵まれます。

産地:福岡県八女市星野村長尾
品種:藤翠・在来


抹茶

京都 宇治抹茶 「不東」

不東は、宇治在来のチャノキより選抜されたあさひ品種のみから成る抹茶。あさひは碾茶に最も相応しいと言われる品種で、その中でも成熟期に収穫された茶の葉だけで仕上げました。 単一農家、単一品種による、大変希少な抹茶です。 甘さ、円やかさ、奥行きがあり、繊細で洗練されているため、ぜひお濃茶でお召し上がりください。

産地:京都府宇治市妙楽
品種:あさひ

京都 宇治抹茶 「日光」

宇治で選抜された品種で合組された薄茶用抹茶。甘味、渋味、苦味の調和が取れ、生菓子と相性の良い抹茶です。 さらりと点てると清涼感のある口当たりとなり、心地よい苦味も感じますが、細かい泡で表面が覆われるように点てると、甘味も引き立ちます。

産地:京都府宇治市
品種:あさひ・さみどり等


玉緑茶・煎茶

静岡 本山煎茶

本山は静岡県の安倍川や支流である藁科川流域の山間部を中心とするお茶の産地。茶園はその清流の上流域に位置しています。 一切の農薬から逃れるために山頂近くの急斜面を切り拓いたもので、天気の良い日は富士山を望めるほどの高台になります。

産地:静岡県静岡市葵区西又字大段
品種:N-15

静岡 本山煎茶

本山は静岡県の安倍川や支流である藁科川流域の山間部を中心とするお茶の産地。茶園は安倍川の支流である清流藁科川付近にあります。 13世紀半ば、宋から帰国した禅僧の聖一国師が最初に種を蒔いた栃沢はその上流です。

産地:静岡県静岡市葵区小瀬戸
品種:香寿

静岡 諸子沢煎茶

諸子沢は静岡市街から一時間程度北上した、藁科川の支流沿いの集落。茶園はその清流を遥かに見下ろす急峻な斜面にあります。 南西の方向に連なる尾根の向こうから、大井川鉄道を走るSLの汽笛が聞こえることも。 また茶園付近には大変美味しいと評判の水が絶えることなく湧き出ています。

産地:静岡県静岡市葵区諸子沢
品種:黄金みどり

京都 童仙房煎茶

京都府最南端の南山城村にある茶産地。滋賀の朝宮、奈良の月ヶ瀬、また三重にも隣接する山並みの標高は400~500mにも。日本でも有数の標高の高さに、大規模に起伏のある茶畑が広がる様子は圧巻です。 この童仙房煎茶は二番茶のやぶきた品種から成ります。弊店の他の煎茶は全て一番茶ですが、それとは異なった魅力があります。

産地:京都府南山城村童仙房
品種:やぶきた

滋賀 土山玉緑茶

京都府最南端の南山城村にある茶産地。滋賀の朝宮、奈良の月ヶ瀬、また三重にも隣接する山並みの標高は400~500mにも。日本でも有数の標高の高さに、大規模に起伏のある茶畑が広がる様子は圧巻です。 この童仙房煎茶は二番茶のやぶきた品種から成ります。弊店の他の煎茶は全て一番茶ですが、それとは異なった魅力があります。

産地:滋賀県甲賀市土山町
品種:在来

徳島 有瀬煎茶

徳島県の西端にあり、川釣りやラフティングでも知られる吉野川を遥かに見下ろす急斜面に茶園があります。 山茶はかねてから深く根を張り点々と自生していました。そのため今も1本ずつ茶鋏や手摘みで収穫します。雲海が立ち込めると茶園はすっぽり包まれ、自然に日光が和らぐ環境です。

産地:徳島県三好市西祖谷山村有瀬
茶種:在来

愛媛 新宮煎茶

新宮は愛媛県の東端にあり、徳島、高知にも隣接する四国中央市の産地。 かつては土佐から参勤交代に向かう人々も歩いた南北の道と、山間を縫って流れる清流に沿って茶園があります。両側をより高い峰に挟まれており、今もひっそりした場所です。 また新宮は、早くから村内で無農薬栽培を行ったことも大きな特徴です。

産地:愛媛県四国中央市新宮町馬立
品種:あさつゆ

高知 佐川煎茶

佐川町は高知市から北西に向かって車で一時間ほど。高知県には吉野川、四万十川、仁淀川の三大河川が流れますが、茶園は、山岳地帯を流れてきた仁淀川が、 中流付近で大きく蛇行しながら初めて平野を望む辺りの斜面上にあります。また、あまり知られていませんが、高知県は中四国一のお茶の生産県です。

産地:高地県高岡郡佐川町黒原 茶種:在来
産地:高地県高岡郡佐川町上京 品種:蒼風

高知 四万十 十和煎茶

産地は四万十川中流域の、四万十市十和地区。四万十川を見下ろす段々畑状の茶園。川霧に恵まれ、また標高は決して高くありませんが斜面上にあるため日照時間が限られ、しっかりした煎茶ができる環境です。あまり知られない産地ですが、お茶づくりに携わる人は200名程にも。四国は知るほどにそそられる土地です。

産地:高地県高岡郡四万十町十和地区 品種:やぶきた

熊本 菊池煎茶

菊池市原は、名水豊富な九州の中でも屈指の名水である菊池渓谷に近く、また東には阿蘇大観峰を望む集落。 標高は550mにもなり市街とは大きく異なりますが、付近一体はなだらかに開けた土地。それはまるで、平地より少し空に近い別の国のようです。やぶきた品種ですが、在来のような広がりある香味のお茶です。

産地:熊本県菊池市原 品種:やぶきた

福岡 星野煎茶

星野村は福岡県の南東部、日本で最も美しい村にも仲間入りした、星がきらめく村。なだらかに傾斜する地形を活かすため石積が組まれ茶園と棚田が隣合って築かれています。 茶園は蛍が飛び交う清流星野川の流域に点在し、寒暖の差が大きいため年間を通して朝霧に恵まれます。

産地:福岡県八女市星野村合瀬耳納
品種:おくみどり


釜炒り茶

大分 太田釜炒り茶

大分県太田は、市街から半時間以上南西に向かって登ったところ。茶園は、名水どころでもある竹田市と、大分市とを繋ぐ三ケタの国道や県道から脇道に入ると急に広がります。 パラグライダーの滑走にも適したような、なだらかな斜面上のチャノキの遥か向こうには、九重山を臨みます。

産地:大分県大分市太田
品種:やぶきた


清馨茶 ~製茶の際に萎凋を施すことで香気を引き出した香り高いお茶

茨城 猿島清馨茶

猿島は関東平野のほぼ中央に位置し、埼玉県との県境を流れる利根川と日光連山を源とする鬼怒川に挟まれる平地にあります。 内陸性気候の下、夏の猛暑と冬の底冷えを乗り越えた、肉厚で大きめの茶葉が育ちます。煎茶とは大きく異なる茶殻もお楽しみください。

産地:茨城県猿島郡境町
品種:いずみ・青心烏龍

静岡 本山清馨茶

本山は静岡県の安倍川や支流である藁科川流域の山間部を中心とするお茶の産地。茶園は安倍川の支流である清流藁科川付近にあります。 13世紀半ば、宋から帰国した禅僧の聖一国師が最初に種を蒔いた栃沢はその上流です。朝日を受け夕日に晒されない東向きの傾斜地、自然に日照時間が調整されます。

産地:静岡県静岡市葵区小瀬戸
品種:印雑131実生・いずみ

静岡 諸子沢清馨茶

諸子沢は静岡市街から一時間程度北上した、藁科川の支流沿いの集落。茶園はその清流を遥かに見下ろす急峻な斜面にあります。 南西の方向に連なる尾根の向こうから、大井川鉄道を走るSLの汽笛が聞こえることも。 また茶園付近には大変美味しいと評判の水が絶えることなく湧き出ています。

産地:静岡県静岡市葵区諸子沢
品種:佐藤早生・かなやみどり(焙煎)

静岡 川根清馨茶

川根は、急流で知られる大井川を一時間ほど遡ったところに広がる産地。 遥か北西には2,000mにもなる山々がそびえ、反対側は足がすくむような斜面、大井川を悠々と見下ろします。また、時々、川沿いに走るSLの汽笛の音が茶園までこだましています。

産地:静岡県榛原郡川根本町
品種:自家選抜

岐阜 春日清馨茶

春日は、岐阜県の最西端に位置し、滋賀県との境界にあります。 集落全体が農薬不使用であること、そのほとんどが在来のお茶を栽培していることは面白い特徴。現在は在来の木々が連なるように生え、 自然にジグザグの畝を形成しており大変珍しく美しい光景となっています。

産地:岐阜県揖斐郡揖斐川町春日
茶種:在来

奈良 月ヶ瀬清馨茶

月ヶ瀬は奈良県の最東端、三重県と京都府に隣接するお茶どころ。 斜面をならすことなくそのままにした茶園では茶の木が木として育ちます。農薬も肥料も用いず、周辺の様々な草や落ち葉などを集めて茶園に敷くだけの、 生態系を意識し、自然循環を大切にした栽培が行われています。

産地:奈良県奈良市月ヶ瀬
品種:さえみどり

宮崎 高千穂清馨茶

高千穂町は神話の里になるだけあってか、厳しすぎない山並が迷路のように張り巡らされ、その合間を縫って集落が広がります。茶園のある場所は、天岩戸神社や高千穂神社からは山を隔てた別の谷間。谷間と言っても標高400m超の斜面に広がります。

産地:熊本県西臼杵郡高千穂町上野
品種:べにふうき


和紅茶

静岡 菊川紅茶

静岡県中西部、駿河湾にもほど近い牧之原台地のふもとで菊川紅茶は生まれます。かつては茶園付近全体が田畑や茶園でしたが 今では周辺は住宅地となり、そこだけ時間が止まったかのように静かにお茶が育っています。

産地:静岡県焼津市 製造地:静岡県島田市菊川
品種:べにふうき

岐阜 春日紅茶

春日は、岐阜県の最西端に位置し、滋賀県との境界にあります。 集落全体が農薬不使用であること、そのほとんどが在来のお茶を栽培していることは面白い特徴。現在は在来の木々が連なるように生え、 自然にジグザグの畝を形成しており大変珍しく美しい光景となっています。

産地:岐阜県揖斐郡揖斐川町春日
茶種:在来

愛知 豊橋紅茶

豊橋市は愛知県の南東、三河湾や渥美湾の東側。茶園は遠州灘から5km程で海抜約30mの平坦な環境に位置します。 陽を遮る山林もなくのびやかに広がるチャノキとともに、同じく農薬を使わず育てられた、たくさんの野菜やハーブやクルミの木などがあり、そのまま映画のロケ地にもなりそうな環境です。

産地:愛知県豊橋市小島町
品種:べにふうき

奈良 月ヶ瀬紅茶

月ヶ瀬は奈良県の最東端、三重県と京都府に隣接する高地です。斜面をならすことなくそのまま活かした茶園では茶の木が木として育ちます。 農薬も肥料も用いず、周辺の様々な草や落ち葉などを集めて茶園に敷くだけの、生態系を意識し、自然循環を大切にした栽培が行われています。

産地:奈良県奈良市月ヶ瀬
品種:べにひかり


ほうじ茶

静岡 諸子沢茎焙茶

諸子沢は静岡市街から一時間程度北上した、藁科川の支流沿いの集落。茶園はその清流を遥かに見下ろす急峻な斜面にあります。 尾根の向こうから、大井川鉄道を走るSLの汽笛が聞こえることも。茶園付近には大変美味しいと評判の水も湧き出ています。
このお茶は、茎を鉄観音製法のように何度も焙煎したものです。

産地:静岡県静岡市葵区諸子沢
品種:かなやみどり等

浅炒り たちばな

春に収穫した茎を高温で一気に仕上げた爽やかで凛としたほうじ茶

深炒り つばき

秋冬に収穫した茎を高温でじっくり仕上げた甘く深みあるほうじ茶


テイスティング(試飲)のみのお客様も歓迎です。
テイスティングは、2種類目のお茶まで無料。
3種類目のお茶より、一種類につき100円とさせて頂きます。

焙じ茶を除き、20g或いは50gでの販売を基本とし、お求めやすい価格にしています。
また、カップ一杯分の茶葉をお詰めしたお茶のドリップバッグもございます。お気軽にお問合せください。

©2014 茶舎 觀壽